スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も 玉虫を 見つけました。

こんな事は 初めてです。
今日も調理場の近くで 玉虫を 発見。年に2回はこれまでありません。
これで私の周りの景気は
右肩上がりでしょうか。
22.6.21 玉虫 (5)


先日、 オランダ戦の日に、 玉虫を見つけました。
日本の善戦をお願いしたら、期待以上の日本選手の活躍でデンマーク戦に大きな期待を持たせてくれました。 やはり、願いは叶うものです。

そこで 今日は何をお願いするか … デンマーク戦はまだ先なので 今日お願いしてもその願いが叶うか不安です。身近なお願いをします。

そして、外の 猫たちは元気です。食事が終わりお兄さんの くー がチビたち 3匹を見ています。
22.6.21くーとチビたち
スポンサーサイト

玉虫 がいました

今日 昼前です。
調理場の外の地面に「玉虫」がいました。


昨年は見ませんでしたが、ほぼ毎年この時期に玉虫を見ます。
貴重な昆虫なので、いつも写真に収めて そのまま自然に帰しています。今日も1時間後にはいませんでした。

22.6.19 玉虫  22.6.19 玉虫 (1)



当家では、玉虫を見つけると☆願いが叶う☆と聞き伝えています。

今夜、遠くアフリカの地で オランダとの一戦があります。
でも、せっかくの願いをここに持っていくべきか それとも
心に迷いが …
今夜の結果に 私の願いがどこにいったか


いずれにしても、必ずしも強豪国が勝つわけでもないみたいで、「何が起こるか判らない」とよく言われます。
日本を応援する我々には、、「何が起こるか判らない」は 心のよりどころです。

南天の花

料理にはいろいろな植物を懐敷として使います。

「祝」を表すときには、南天の葉を用いるときがよくあります。
「南天」の読みをから「難を転ずる」を連想させて、「喜び」を表現します。


南天の実は赤い粒で、皆さんご存じかと思います。でも、その赤い実がなる花は …  。
22.6.17 南天の花  22.6.17 南天の花 (2) 白い花 でした。

子ネコたちは

子ネコたちは日に日に大きくなっています。

このまま5匹を外で成長させるのは、いくら可愛い とはいえ、多すぎるので2匹は家の中で飼うことに決めていました。14日の日曜日にこの10日ほどで選んだ子ネコを食事中に捕まえてきました。

2日ほどは大きな段ボール箱の中に小さくなっていましたが、夜中には脱走してしまいます。
お姉さん お兄さんに当たるたーとつーは歓心はるものの、どのように関わればいいのか判らず、時々大人げなく ブー とうなってしまいます。
でも少しずつ馴れて、スキンシップができるようになりました。


今回の子ネコたちも 大変お利口で、トイレを与えるとそこでしてくれます。母ネコの躾がいいからでしょう。3日目からは段ボール箱から出て 部屋の物陰で気ままに生活しています。
人にも少しずつ馴れてきています。


ただ一つ失敗したのは、5匹の子ネコは1匹がグレーてあとはすべてトラ猫です。
よく性格も観察して外見で違いがわかるはずの2匹を捕まえたつもりでしたが、2匹がいっしょにいれば違いが判りますが、別々にいると判らなくなってしまい、いまだに命名ができません。


22.6.17 (5)たー 22.6.17 (7)つー 今日は蒸し暑いので 風の通る窓辺でたーはスヤスヤ。つーは玄関前のお気に入りのスペースでこれからお休み

22.6.17食事中つーとチビ 部屋の中ではチビが成猫用のエサをカリカリと食べ、つーは子供用のエサを好んで食べます。
22.6.16 食事中外のチビたちガブガブと食事中の外の子供たち。



鯛 かぶと焼き

鯛の頭を縦に割り、塩焼きにします。
シンプルですが、とても美味しい一品です。
頭頂部、頬、かま というところは比較的簡単に食べられます。


実はお客様が残したこの頭を両手で分解すると、結構いろいろなところに美味しい肉があり、むしったものを猫たちが美味しそうに食べてくれます。

このところの景気のせいか、比較的安価に仕入ができることがあります。いいものを気軽に使えることもあり、鯛の頭もよく使います。 たくさん頭の残りが出たときには、冷凍にして少しずつ 猫たちに与えています。

鯛かぶと焼き (6)

いよいよ WORLD CUP です

岡田JAPAN にエールを送る意味で、サッカーボールの器をつかっています。

このところ 点の取れない 岡田JAPANではありますが、大会ではどんな試合をみせてくれるか 楽しみです。
サッカー報道の中には 無責任な批判も多くありますが、日本人として 岡田JAPANを心から☆応援しましょう。


大きな大会では 時々面白い事が起きるものです。
サッカーボール

子ねこがあいさつに

今朝、ようやく 子ねこたちがやってきました。

初めは、石垣の上、3匹か4匹の子ねこたちが竹やぶの中に母ねことともに現れました。石の多い急な斜面も登れるほどに成長していました。その1時間後、大移動して広間の下に現れました。今度は4匹から5匹です。いずれも家の中で飼っているお姉さんのたーとお兄さんのつーによく似ています。
22.6.2広間の下  22.6.2広間の下 (2)  22.6.2広間の下 (3) 外のお兄さん くーが少し距離をおいてかわいい弟妹たちを見守っています。 母ねこの育児を助けているようです。


東京六大学野球春季リーグ

昨日、慶応義塾大学が32回目の優勝をしました。
地元選手の活躍で 感慨深いものがあります。

慶応 竹内 福谷投手のサイン 先日もこの色紙はみていただきましたが、今回の優勝に貢献した半田市出身の竹内君と知多市出身の福谷君からいただいたものです。 全日本選手権でも「力」を発揮してもらいたいものです。

慶応スポーツ (2) 慶応スポーツ (4) 1回戦 5月29日「慶応スポーツ」の二人の記事です。



昨日の夕方から 各局のニュースでは優勝した慶応のいいプレーが映し出されていましたが、2回に今シーズンノーヒットにもかかわらず大抜擢の竹内一真君がライトフェンス直撃のタイムリーを打ったときにライトスタンドには人は映っていませんでした。一方、5回に山口君が2ランホームランの球はレフトスタンドで応援する慶応のチアガールの頭の上を越えて学生の間に飛び込んでいきました。
慶早戦は昔から一塁側に早稲田、三塁側に慶応と決まっています。学生数では早稲田が多いのでいつ球場に行っても一塁側が多いというのか゛常でした。応援の数でも勝れたのはこれもうれしいものです。

今朝いただいた話によると、昨日の試合、慶応は外野席を開けたが、早稲田は外野席は開けられなかったということでした。2回戦の日曜は、早稲田の応援が多かったということで、慶応は応援をいろいろ募ったという努力もあったそうです。 が…  。
(また、これも昔からですが、慶応は慶早戦の日には授業は休講ですが、早稲田は授業が休講に成らないことも影響しているかもしれません。)
プロフィール

boshuro

Author:boshuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。