スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひな様 菱玉子

2月もあとわずか。間もなく3月3日「おひな様」です

菱玉子制作 (4)  菱玉子制作 (6)



すでに、お料理には「菱玉子」をお出ししています。
この料理の作り方を紹介します。


菱玉子制作 菱玉子制作 (1) 菱玉子制作 (2) 菱玉子制作 (3) 菱玉子制作 (5)
ゆで玉子を黄身と白身に分け、それぞれを裏ごしします。
黄身には白身を少し加え、残りの白身を2分して桃色と緑色をつけてそれぞれ塩と砂糖で淡い味を持たせます。
流し缶に緑、黄、桃色と層を重ねて 10分蒸して、出来上がり。



 
スポンサーサイト

潮干祭のパノラマ写真をいただきました。

潮干祭 曳き下ろし 高浜市の山本様から今朝、頂戴しました。以前にも同じ 5輌の山車を浜に曳き下ろす 写真をいただいており、お客様に観ていただくよう一年を通して飾っていました。
パノラマ写真ならではの 曳き下ろしの迫力あるシーンを楽しんでいただけます。


3月の中旬にある「乙川祭」から半田は春祭りに湧きます。
当地、亀崎の「潮干祭」 が5月3日と4日にあり、最大の見せ場となります。

良寛 山頭火の歌

川口霽亭(せいてい)先生の書を更にお預かりしました。 
良寛と山頭火の歌です。


川口先生 良寛1 川口先生 山頭火 (4)  川口先生は、日本人が観て読むことができる書を作品としてみえる方です。私のように書体を特別勉強していなくても、頭をひねっていると読めてくる書です。
書かれている歌も、よんでいると「そいだなぁ 」と思えてくるものです。


座敷の床や廊下にかけさせていただいています。
お食事をしながら お楽しみいただけます。


先生のお名前の「霽」という字は「雨が上がって はれる」という意味で訓では 「はれる」と読むそうです。

今朝の雪景色

昼になっても 雪がちらちら しています。

今年初めての積雪です。
2226雪の全景  2226雪の全景 (1)

広間の廊下に「上村松園の 牡丹雪」をかけました。
2226松園 牡丹雪 (1)

今日は節分 庭では椿が咲いています。

今年初めて 雪をみました。車を運転中、フロントガラスに水滴が飛んできました。雨ではなく 雪でした。
僅かな時間のことでした。


さて望洲楼の庭には、たくさんの 椿があります。今の時期、料理の懐敷として椿の葉をよくつかいます。
その葉をとっていると、葉の大きさ、形の違いによく気がつきます。「侘助」(たしか、… 龍安寺の石庭の裏の方にあった秀吉から授かった椿が…)などの名前は知っていますが、たくさん種類があるようでこの文を打ちながらインターネットで調べてみると、何と数えるのがイヤになる程写真付きで紹介されていました。
写真を見ても見分けが付かないものも随分ありました。


名前に共通して言えるのは、日本的な奥ゆかしさのある「茶」につながるような名前ばかりでした。

22.2.3 椿  22.2.3 椿 (1)

プロフィール

boshuro

Author:boshuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。