スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色づいた 柿の葉 そして…

紅葉した柿の葉が一枚 一枚と落ち、こんなになりました。

柿の葉 1枚 綺麗な葉は洗剤で洗い、前菜の懐敷きとして使っています。
スポンサーサイト

菊と季節の表現

日本料理は季節を大切にします。

菊は秋となりますが、「重用の節句」は9月9日です。暦からくるもので、この日は「菊」が当たり前になっています。しかし、年によってはまだ夏真っ盛りのように暑い日があります。とても「秋」とは感じられないときに菊で秋を表現してしまい、料理をしながら 納得がいかないときがあります。  

現実の菊は今咲いています。 肌寒さを感じるようになってから、毎年菊の花を目にします。
暦を西洋に合わせてしまったための「矛盾」をここに思います。 
日本人の柔軟性によるものですが、主体性のなさも平行して感じてしまいす。


菊  菊とくー 調理場の隣に黄色と白の菊が今咲いています。
この写真を撮るときに、「くー」がスキンシップを求めて付いてまわっていました。 
最近太ってきたのが気になります。


211126 (3) 一日に何度も少し枯れた声で鳴きながら寄ってきます。 





☆☆ タイガージャージ 復活 

今日、秩父宮ラグビー場で「慶応 VS 早稲田」の一戦がありました。
先日、隣の神宮球場での東京六大学のように早稲田を一蹴してしまえと心に思いつつ、心配して前半戦を観戦。


13対13で40分終了。 後半は心配で観られず。途中で観たら7点勝っていたので、観ない方が慶応に点が入るような気がして、テレビを観ないでいると、とっくに後半40分は過ぎて試合終了。
インターネットで確認すると20対20の引き分け。

よかった。 


このところ、慶應義塾もスポーツに力を入れており、全国で優秀な成績を収めることが多くなっています。 先日、「清家 篤 塾長」が、慶応の学生はスポーツをするにも大変工夫をして活動していると、言ってみえました。 どうしても勉強面でのハードルが高いために、スポーツで優秀な高校生の入学が難しい現実。高い志を持った学生自身の主体性が結果をもたらしているのでしょう。
そして社会に出てからも活躍できる人材育成に寄与していると思います。

これこそ、福澤先生の言われる「独立自尊」なのではないでしょうか。

タイガージャージ  慶応ラグビーのユニホームは、黄色と黒色の虎カラーです。 タイガージャージと言えば慶応ラグビーです。

ねこ ネコ

我が家の猫たちは、流れる 滴る「水」に大変興味を持っています。

たーは、洗濯機につながった蛇口の隙間からポツンポツンと落ちる水滴を、前足で捕まえようとします。 

つーは流しの蛇口からジャーと流れる水を前足で触ろうとします。
人が蛇口を動かして水道水を流すのを観てなのか、時々自分で蛇口を触って水道水を出してしまいます。 ですから、蛇口に太い輪ゴムを付けて水が出っぱなしにならないようにしています。
 

211123.jpg

長寿企業 ☆

少し前、ヤフーで「最も歴史のある企業」の見出しをみつけました。
創業は飛鳥時代。西暦 578年。
四天王寺創建から関わる宮大工集団とのこと。 現在は(株)金剛組。
私どもと比べると失礼になるほどの歴史で、連綿と継承されていることに大きな尊敬を感じずにはいられません。


「老舗」という言葉は、メディアをとおしてよく見聞きします。そのつど、私自身と比べてしまいます。
長く続けられる要因はいくつもありますが、何といっても行いから「可愛がっていただける」ということがまず一番ではないかと思います。


目先の利益、数字に惑わされることなく、お客様をはじめ関係を持つすべての方に笑顔のふれあいが持てるように努めなくてはならないと考えています。

昨日の中日新聞サンデー版に「長寿企業」がありました。(株)金剛組を筆頭に色々な職種の企業がありました。いずれも衣食住に関わる職種です。
しかし、長い歴史の中には仕事の内容を替えなくてはならない状況も当然あるわけです。
私どものお客様の中に、創業1809年の企業の社長様もみえます。
名刺の裏に書かれた営業品目には、パソコンメーカーの名前がたくさんあり、OA関連の営業内容があります。 この名刺を見るたび、「創業当時はどんな仕事をしてみえたのか」と考えてしまいます。


211118玄関  いつもより高い角度から玄関を撮ってみました。 明治の初め頃の写真に映る屋根も一部残っています。


こんな 若さぎ

お客様には見た目のいい標準的な素材を料理としてお召し上がりいただいています。
しかし、仕入をした材料の中には、面白いものが時々紛れていることがあります。
 

211115 …公魚  これは若サギの南蛮漬けです。
エサの小さい魚を頭からのみこんだところを、人間の網に引き上げられてしまったようです。動物として食べ物を口にした至福の瞬間にとんでもない事態に ……

ここでは若サギと書いていますが、漢字で正しくは「公魚」と書きます。ただし、これでは多くの方に読んでもらうのが難しいので、献立等でも「若サギ」と書いています。




☆ 在位20年記念 

昨日、天皇在位20年の式典が挙行されました。
記念硬貨が発行されるのを昨日知り、本日500円の記念硬貨を入手しました。


引出しを時々整理するときに、各種の記念硬貨を目にします。
そのたび、こんなことがあったんだなぁと記憶が遡ります。
今回の硬貨を仕舞おうと引出を見ていたら、平成2年に発行された即位の記念硬貨が出てきました。この硬貨をその袋にいっしょに仕舞っておきました。


知らないうちに(本当はただ記憶がなくなっているだけなのですが )思い出を染みこませた品々が増えていっています。
在位20年記念硬貨 ストロボを発光させると硬貨が光ってしまうので、部屋の外で撮影しましたが、銀色の硬貨は鏡のようにカメラを持った私の指を写してしまい、意外とこの1枚の撮影には何枚も撮りました。 

今朝からテレビの各番組で昨日のセレモニーの様子を放送していましたが、それを見ていると「日本人として、私自身も天皇を日本国の心のよりどころとしている」と感じました。
政治的な関わりを持たない「元首」として大切な存在です。


ちょうど一年前、天皇皇后両陛下のすぐ前でお言葉を頂戴する機会がありました。
すべてに配慮されたお言葉に、人として勉強もさせていただいたことを感謝しています。


それに比べ、政治家たちの人としての薄っぺらさには ……… 
これもまた、反面教師で勉強になります。

秋の色

畑にザクロの木があります。毎年、あまり大きくはないのですが 実をつけてくれます。
殻がはじけて、赤いつぶつぶの実が見えます。 ザクロの木の隣には、柿の木があります。今年は葉っぱが早くから落ちてしまい、残り僅かになったこのごろ、紅葉してきました。 料理の彩りに使っています。


211109 ザクロ (3)  柿の葉 (3)

ネコ 猫 5

21.9.16 3匹で (1)  広間の下にあるコンクリートの壁の上で、3匹親子仲良く寝て います。
「くー」のしっぽが長く垂れていたので、ぐっーと引っ張ってやりました。
驚いてプープーと威嚇しますが、このしっぽ、長くて太いので握りやすく、しばらくそのまま引っ張っていました。この3日後、「りー」は姿を消しました。
母親は娘を捜そうともせず、ちょうどこの日から子離れのようで、「くー」が近づくと距離を置くようになり、一切おっぱいをやらなくなりました。 「くー」は寂しくて、私たちにその代わりを求めるようになり、優しい目で近づき、ギャーギャーと鳴いてスキンシップを求めます。



21.10.31 <span style=  最近顔をみせるようになった、三毛です。 外のネコ親子を脅します。 明け方、時々ケンカをしています。「くー」がやられています。「くー」は日に日に大きくなり、体重も増えています。ぜい肉より固い筋肉が随分ついてきているので、そのうちこの界隈の天下を取るのではないかと、密かに期待をしています。その時は「くー」では可哀想なので、信長か秀吉か家康の名に替えてやろうかと…  。

ネコ 猫 4

外で暮らす 猫たちを紹介します

1122.jpg  一年ほど前のお母さん猫です。 おじいさんみたいに見えて、たつくりを与えるようになりました。今でも警戒心が強いのですが、あのころはただ食べ物にありつくだけで全くなつきませんでした。 今ではこのお母さんはスキップをするように近づいて来てくれるのですが。
そして夏頃から、帳場に入ってきます。警戒しながらも奥の方に入って行きます。昨年無くなった父( 8代目 新左衛門)が座っていたところです。 この母猫が生まれたのがちょうど父の亡くなったころです。

21614.jpg 「くー」と「りー」が玄関脇の石段のあるところで、2匹おとなしくお母さんの帰りを待っています。お母さんは食事でしょうか。 数日前に「たー」と「つー」を捕獲したので、お母さんはこの2匹を大切に育てています。産まれて1月半のころです。
21620.jpg お母さんのおっぱいに一生懸命、口を持っていこうと …
このころのおっぱいは、周りの毛も抜けて可哀想なくらいでした。几帳面な猫ですが、とても手入れが行き届かない状態でした。  今は、ウェーブのかかった綺麗な毛で包まれています。

2174.jpg 7月にはいると、子供もいっしょに食事に来るようになりました。
21728.jpg  親子3匹、台の上にのってのんびり出来るように馴れてきたようです。この光景を家の中の「たー」と「つー」は網戸越しに毎日眺めています。


猫 ねこ 3

仲良く シリーズ

網戸に  網が破れるから ダメといっているのに、二匹で虫を追いかけて登ってしまう。でも、ダメだよというとすぐに降りてくる。

タンスの前で仲良く 頬を寄せ合って… でも兄弟の「たー」と「つー」
座布団の上で仲良く 「つー」は寝ています。

布団の上で仲良く 抱擁したまま、  これはパソコンの壁紙にしています。   

開脚して仲良く  「つー」は男らしく「たー」にもたれて寝ています。   でもこの時、「つー」の球は2個とも取ったあとです。まだ縫った糸が袋に見えます。

猫 ねこ 2

窓枠に2匹  少し落ち着き2匹仲良く同じ格好で寝ています。

外の家族も食事に  外の家族も食事に" border="0" width="120" height="90" /> このころから、外で生活するグレーの次男「くー」とのらくろそっくりの次女「りー」がお母さんといっしょに玄関前に食事に来るようになりました。でも子供の2匹はすぐにはなつきません。

衝立の上でお休み  「つー」は安定の悪いこの衝立が好きでよく登ってこのように寝ていました。
一度、床に落ちて、お医者さんに診てもらったことがあります。


子供たちのネーミング 
お母さん猫は一年前、おせち料理で残った「たつくり」を食べて育ちました。
4匹の子供たちがおなかにいるときも、「たつくり」を食べていました。
だから、子供たちも「たつくり」でできているから、「たー」「つー」「くー」「りー」と命名されたのです。
今は、みんなキャットフードをメインに食事しています。



ネコ 猫

テレビやインターネットで可愛いネコたちの映像が出てきます。
それなりにかわいいとか面白いと思えますが、我が家のねこたちの方が、もっと可愛くて笑えるシーンを作ってくれます。
ただし、24時間カメラやビデオを用意している訳にはいかないので、なかなかグッドな場面を提供出来ないのが残念です。


今朝も「つー」がタンスの上から空箱と共に落ちてきました。ちょうど起きようとしていた私の70センチメートルくらい先に、ムササビが空を舞うように(でも、猫だから垂直に)4肢を肩幅より少し広げてドスンと着地しました。

猫 紹介
家の中のはグレーに流紋の長女「たー」と流紋の綺麗なトラの長男「つー」がいます。
まずは、まだ手のひらに乗る頃の愛くるしい2匹からご覧下さい。


来てすぐタンスの上で生活  来てすぐタンスの上で生活 (1)  我が家の猫になってすぐは、タンスの上で生活していました。最初の2日間は外にいるお母さん猫とピーピー必死の会話をしていました。

足踏み機の中で仲良く  床に降りるようになると快適な場所を見つけて仲良くスヤスヤ。 足踏み機の中で仲良く (1)  お母さんに似てきれい好き。小さいながらいつも清潔にしています。

仲良くおしっこ  おしっこも仲良く 今は身体が大きくなって、トイレもビッグになりました。

万歳 寝  いつからか、万歳 寝をするようになりました。

大きくなって書の前 (1) 大きくなって書の前 一月程でこんなに大きく そして可愛く仲良く










結婚のお食事会

昨日☆結婚の食事会をしていただきました。
新郎新婦の手作りで、ご両親も招待で親戚そしてお友達を招いての席でした。
私どもでは食事を楽しんでいただくのをメインに考えていただいたようです。[
emoji:i-228]

引き出物もコンパクトにシックな柄の木綿の風呂敷に包まれたもので、手作りの品のようでした。

親が設ける披露の席もそれぞれ素晴らしいのですが、これから新しい道を歩む二人が感謝の気持ちをもって設ける食事会も、素晴らしいと思いました。 

21.11.1披露宴 (1)
プロフィール

boshuro

Author:boshuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。